<< 例大祭プリバ本紹介2 | main | 【地霊殿】Extra全スペカ取得〜 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


0

    , スポンサードリンク, -

    -, -

    ALAMAAILMAN VASARAT

    たまには、東方以外のことを書いてみますよ。

    最近、とあるフィンランドのバンドのCDを購入したのです。
    その名も、「ALAMAAILMAN VASARAT(アラマーイルマン・ヴァサラット)」

    >日本のオフィシャルページはこちら<

    すごく印象にのこる風貌。ぜひオフィシャルページを一見ください。
    で、また編成がすごいのです。

    ホーン・セクションにチェロ2台、ドラム、キーボードという不思議な編成で、まったく新しい世界を構築。
    抱腹絶倒のライヴは,「現在ヨーロッパでもっともユニークなバンド」と言えるだろう


    いやこれはすごい編成。
    ギター、ベースがいないのもすごいけど、チェロ2台……


    今回、最新のアルバム「HUURO KOLKKO」を購入したのですが、
    これが今までに聴いたことがない不思議な音楽なのです。

    変拍子だわ、聞こえてくる音はなんだこれは?と言いたくなるわ、
    とんでもないCDを購入してしまいました。
    好奇心旺盛な方にぜひオススメしたいCDです。ぜひ。

    ちなみに、このアルバムはコンセプトアルバムになってまして、

    08年初め、ヴァサラットはリチャード・コルッコと名乗る男から連絡を受ける。
    彼はバンドの昔からのファンだと言い、自分の遠い親戚にあたるという20世紀初頭に活躍した
    冒険家フーロ・コルッコの古い写真や壊れた昆虫の標本、メモや日誌などのコレクションを差し出した。
    すぐにバンドはフーロ・コルッコの幻想的な世界の虜になり‥‥


    というコンセプトのようです。よくわからないと思いますがよくわからなくて正解と思います。

    あと、このアルバムの楽器編成。

    ・sopranino,soprano,alto,tenor saxes & sporano,bass,contrabass clarinets, Eb tubax, bamboo sax, shchnal
    ・trombone
    ・melodica, pump organ & grand piano
    ・cello & theremin
    ・cello
    ・drums & percussion

    コントラバスクラリネットやチューバックスあたりの低音木管楽器もたいがい珍しいですが、
    テルミンがさらっと入ってるあたりに狂気を感じます。


    0

      20:19, hiiiima, 雑記

      comments(3), trackbacks(0)

      スポンサーサイト


      0

        20:19, スポンサードリンク, -

        -, -

        comment
        masuo, 2011/06/11 1:50 AM

        Alamaailman Vasarat … ala(下)maailma(世界)、vasara(ハンマー)ということで
        「黄泉国の槌達」ってことですけど世界観的に合ってるんですかね?

        masuo, 2011/06/11 2:04 AM

        個人的にはフィンランドといえばKorpiklaaniなんですけど、こういうのもアイですね
        パンツァーバレトもこの系統のバンドなので好きそうですね
        http://www.youtube.com/watch?v=0CgKzkriPQk

        hiiiima, 2011/06/11 5:50 AM

        >masuoさん
        コメントどうもありがとうございます。

        一応、日本語訳は「地下社会のハンマー」らしいです。
        意味はよくわかりません。

        私もフィンランドといえばKorpiklaani、もしくはNightwishでした。
        こうやって並べると、フィンランド、すごい。

        パンツァーバレト、これいいですね!好みです。
        今度またCD探してみます〜










        trackback
        url:トラックバック機能は終了しました。